Imagine Cup について

いつでも、だれでも、さらにすばらしいものが生み出せると確信しています。Imagine Cup は学生のための、Microsoft による世界的な科学技術と技術革新のコンテストであり、これまでに世界各地からほぼ 200 万人の参加があり、今回で 17 年目を迎えます。地球上のすべての学生がより多くのことを成し遂げられるよう支援することを目標に、年若い開発者たちが招待され、賞金、賞品、旅行、メンタリングなどを勝ち取るチャンスのために、Microsoft Azure を利用したオリジナルのテクノロジ ソリューションを応募します。

過去 17 年にわたって、私たちは最先端テクノロジを利用した驚くべきプロジェクトをいくつも見てきました。1 型糖尿病の血中ブドウ糖をモニターするためのプロトタイプ アプリケーションから、妊娠中の母体の胎児の健康を測定するための非侵襲的ソリューションに至るまでの混合リアリティー イノベーションによって、世界中から来たエンジニアたちは、必要なときにワークスペースにホログラフ式に瞬間移動することができ、さらに多くの学生たちのイノベーションによって私たちは絶えず感銘を受けています。いったい、次は何が訪れるのか、待ちきれません。

2016 年 Imagine Cup 世界大会の決勝進出者 Alyssa Ong 氏は後に Microsoft Technology Evangelist として引き続きキャリアを積みましたが、彼女はコンテストの経験で得られた何物にも代えがたいキャリアとビジネス上のアドバイスが、プロとしてのスキル セットの開発に活用できたと語っています。「私たちはアイデアを実行しただけです。全く期待はしていませんでしたが、私たちは勝利を得ました。私の生涯におけるその瞬間を決して忘れません。私たちがずっと受けることができたコーチングは本当にすばらしかったです。私はコンピューター サイエンス出身で、ビジネス上の知識は持ち合わせていませんでした。コーチングによって多大のビジネス スキルを得ることができました。」

他の Imagine Cup の学生応募者は、コンテストの経験を通して学んだスキルと、その間にメンターから受けたアドバイスを活用して、スタートアップ企業、工業、ヘルスケア、その他の分野で引き続きキャリアを積みました。

次はあなたのアイデアでしょうか? 世界中の 過去 16 年間の Imagine Cup 優勝チームの詳細情報 から触発されて、あなた自身のプロジェクトを作り上げてください。

夢を抱き、夢を築き、夢を生きて。

Zelixa チーム
2018 年 Imagine Cup のステージに立つ優勝者、smartARM チーム
振り返って親指を上げる人

他の応募者による Imagine Cup での経験についてお読みください:

  • 「Imagine Cup は驚くべき機会でした。可能性が大きく広がりました。それに挑戦してみるよう、世界中の学生の皆さんに是非ともお勧めします。どこまで行けるか、やってみなければわかりません。」
    — 2018 年の世界チャンピオン、smartARM チームの Samin Khan 氏。
  • Imagine Cup は「...技術系の学生のオリンピック ゲームです...」
    — Hex の創始者で 2011 年 Imagine Cup の世界大会決勝進出者である Alex Chen 氏。
  • 「Imagine Cup は私の人生に大きな影響を与えました...」
    — Eyeluminati の創始者で 2015 年の世界大会決勝進出者である Roopam Sharma 氏。
  • 「それは、技術的なスキルという観点のみならず、物事をまとめあげて、多くの人々と意思を通わせ、複雑な問題に対処できるようになる点においても、私個人の進歩の隅石となりました。それによって、会社の環境であなたが一層優秀な人になるための基礎が実際に築かれます...」
    — 以前の Imagine Cup 世界大会決勝進出者である Li Jung Chiu 氏。現在は Microsoft Audience Evangelism Manager です。